協会について

2005年6月10日に成立、同年7月15日より施行された食育基本法に基づき、「全ての世代への食育」、「自らの感覚を鍛えることで、自分に必要な物を選び取る力をつける」ことを目的として、
① 五感(ファイブ・センス)トレーニング
② 伝統・発酵食、自宅で取り入れること可能な簡単薬膳などの食事管理
③ 身体バランスを整える運動療法
以上3つの方法により、心身の健康を保つ方法を提案しています。

また、「五感トレーナー」、「養生インストラクター」育成と普及を目的とし、次の事業を行う。
1. 養生インストラクター養成講座の開催と資格授与、及びその育成
2. 養生インストラクターの活動支援
3. 五感トレーナー養生講座の開催と資格授与、及びその育成
4. 料理教室、伝統・発酵食ワークショップの開催
5. 食材、調味料等生産体験ツアー等、各種イベントの企画・運営
6. 書籍の出版及び販売
7. 飲食店、病院、その他各種施設におけるメニューの企画・開発
8. 講演会や講座の企画・運営・開催
9. 特許権、商標権、著作権などの知的財産権の管理及び運用
10. 前各号に付帯関連する一切の事業

代表挨拶

ソムリエとして日々、ワインをテイスティングする中で、五感、特に味覚に及ぼす食事の影響に思い至り、日常の食事をいかに大切に摂るかについて模索して参りました。
世の中に多々ある健康法の中で、陰陽五行思想に基づく東洋医学や薬膳、アロマテラピー、メディカルハーブなど、色々な物差しを生活に取り入れ、病気になる前に身体を整えられるよう心がけてはおりますが、なかなか専門家のように、上手く事は運びません。
そこで、私の基本であり、生業でもあるワインに関することで、何か、日常の生活に取り入れやすい形で、体調を整える要素はないだろうか、と考えておりましたところ、ワイン教室に通って下さる皆様の、好みの変化について、思い至りました。
皆さん勿論ワインがお好き、ですが、好みは様々です。 それが、ワイン教室に通われ、色々な種類、様々な味わいのワインを比較しつつ味わって頂くことで、今まで飲まなかったタイプのワインを飲むようになった、とか、今までとは違うタイプの物が好きになった、という感想を頂きます。

なぜでしょうか。
当方のワイン教室では、ウンチクをお話しするというよりも、むしろ、多くの種類を比較して試飲して頂くことに重点を置いています。

思うに、
1.多様な物を比較する事で、今まで知らなかった好みの味が見つかること
2.色や香り、味わいについて様々な角度から観察することにより、多面的な味わい方が備わること
3.繰り返しの比較試飲で、味わいや香りに対する許容範囲が広がること
4.味覚の閾値が広がり、味わいのちょっとした違いに気づくようになること
等が考えられます。

ワインだけでなく、食にも、テイスティング方法の訓練を行えば、受け取る側の味の閾値を広げることが可能で、結果として、食べるスピードがゆっくりになったり、薄味の物が好みになったりすることで、食べ方で体調を整えることが出来るのではないかと思い至った次第です。

もちろん、私達は医師ではありませんし、アロマや薬膳の専門家ではありませんので、病自体を治療することは出来ません。
病に至る前、ちょっとした不調を感じた時点で自らの変化に気づくことができるよう、そのちょっとした不調ならば自分自身で調整できるよう、自らを観察し、治癒力を高めるお手伝いが出来ればと思っています。
また、ソムリエがお客様と生産者をつなぐように、不調を感じる人と病院や各種民間療法とをつなぐ役割を担うため、各分野の専門家と連携し、自己免疫力アップ・早期発見・早期治療を目指します。

味覚トレーニングメソッドには、フランスの味覚研究所副所長、ワイン醸造家でもあるジャック・ピュイゼ氏が子供の味覚を育てる際に自選されるピュイゼ理論を取り入れています。
子供向けに考えられた方法ではありますが、年を経た大人でも、「意識する」「観察する」を取り入れてトレーニングすることで、感覚をアップすることは、十分に可能です。
大人でも、味蕾は、1週間から10日程で生まれ変わると言われています。 皆様も、自分自身のため、ご家族のため、そして世界平和のため、ファイブ・センス・トレーニングを始めてみませんか。

ファイブ・センス・トレーニング協会代表 山室裕子

運営会社

会社名有限会社モンターニュ
住所〒812-0026 福岡県福岡市博多区上川端町1-8
電話092-287-4693
代表山室 裕子